熊野古道物語

赤井熊五郎が熊野古道の徒然を書き綴ります。

巡礼という言葉を聞くと、都会の中で生活する人は郷愁を感じると思う、 手甲・脚絆に白衣をつけて、菅笠をかぶり、金剛杖をついた昔ながらの巡礼の姿は現在でも、あまり多くはみられないが、しかし、昔は巡礼者の身分・階級の上下を否定して、神仏の前では、いっさい平等である。ことを示す制服である、 巡礼は宗教のあるところでは必ず行われてきた行事である。