真言宗


 (約五十派に分かれる)
信者数、約1369万人
寺院数、約1万2千寺

開祖は、弘法大師、空海。
(七七四~八三五)。
長安で青龍寺の恵果上人から、金、胎両部の密教を授けられ帰国「大日経」と「金剛頂経」を拠り所に、理論面、実際面を統合して、密教を宗派として成立させて真言宗を開祖しました。
主として京都の高雄山、神護寺に居住して活動していましたが(八一六年)に高野山を賜って金剛峯寺を創建しまた(八二三年)東寺「教王護国寺」を賜って、この二寺を密教修行の根本道場としました。真言宗としての正式な開祖は、東寺を賜った時とされています。
真言宗では、真実の仏(法身仏)である大日如来と一体となって修行を実践すれば、生身そのままで仏になれる
「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」と説いています。“真言”とは宇宙絶対の真理。すなわち大日如来の説く法そのものです。
是を理解するには、仏と同体にならねばなりません。その為には手(身)に印を結び、口に陀羅尼(呪文)を唱え、心(意)に宇宙に充満する諸仏の悟りを念ずることが必要とされています。
これを身・口・意の三蜜といい即身成仏を可能にする根本原理とされています。
空海==古義真言宗には
高野山真言宗  金剛峯寺
天 宗
真言宗五智教団。蓬莱寺
新仏教空海宗。 西南寺
新真言宗。   長榮寺
真言蜜宗。  金剛不壊寺
真言毘盧舎那宗、千手寺
不動教
信貴山真言宗朝護孫子寺
一切宗、高野山大師協会
霊山寺真言宗、 霊山寺
真言宗須摩寺派、福祥寺
真言宗霊雲寺派、霊雲寺
真言宗修験派、 威徳寺
真言宗大覚寺派、大覚寺
中山身正宗、  瀧光徳寺
真言宗犬鳴派、 七宝滝寺
高野山真言宗
高野山東寺派 教王護国寺

真言宗善通寺派 善通寺
真言宗善通寺派、善通寺
真言宗金剛院派、本覚寺
真言宗醍醐派  醍醐寺
真言宗醍醐派、
解脱会
真如苑
真言聖天宗、 福田寺
真言宗鳳閣寺派、鳳閣寺
真言宗御室派  仁和寺
真言宗御室派
真言宗栄明寺派、栄明寺
真言三宝宗、  清澄寺
石鎚山真言宗、 極楽寺
真言宗九州教団、東長寺
真言宗石鉄派、 前神寺
真言宗中山寺派、中山寺
真言宗西国寺派
真言宗花山院派
真言宗山階派  勧修寺
真言宗山階派、
観音宗、  大聖観音寺
光明真言宗、 光明宝院
明算真言宗、  圓蔵院
真言宗国分寺派、国分寺
救世観音宗、  護国院
民生真言宗児玉派慈照院
真言宗泉涌寺  泉涌寺

空海=覚鑁(かくばん)=新義真言宗
専誉(せんよ)=真言宗豊山派
真言宗豊山派
真言宗大日派、鎫河寺
新義真言宗湯殿山派、
真言教団、  鶏足寺
真言宗室生寺派、室生寺
玄宥(げんゆう)=真言宗智山派
真言宗智山派、智積院
新義真言宗、 根来寺