十一面観世音菩薩

十一面観世音菩薩


十一の御顔を待たれ、ニ臂ないし四臂の姿です。観音様の超

人的な頭の働きを強調し、具象化されました。

この観音様は、功徳の中に極楽往生を説かれています。

(千手千眼観世音菩薩(千手観音))

頭上に十一ないし二十七面を配し、千の子の一手ごとに一眼

をもたれた観音様で、救済される手の及ぶ部分が、広大であ

ることを示されています。平安時代以前には丈字通り千手を

持たれた観音様が多く、それ以降は圧倒的に四十二臂像が多

く、造られました。

0007