【西国の起こり】

【西国の起こり】


 平安末期、三井寺前大僧正行尊師(保延元年一一三五年没

は長谷寺を一番として打ち始め、三室戸寺を三十三番として

三十三所巡礼されたことが「寺門伝記補録」 に記載されてい

ます。また三井寺覚忠師は応保元年(一一六一年) 一番を那

智として打ち始め三宝戸寺で終わったことが同書に記されてい

ます。鎌倉時代に入り熊野詣でが盛大となり那智を一番、

谷汲を三十三番とする現在の順序が定着したのです。

0004